※ブラウザのJavaScriptをONにして、Flash Player9以上をインストールしてください。
Get Adobe Flash Player

3週間で人間関係を劇的に変える方法 by ヒロシさん

カンタンCM作成サイト コマーシャライザー


目次
1・人間関係や人付き合いが苦手な人の悩みとは?

2・人間関係を良くする秘訣とは?

3・3週間で人間関係を劇的に変える方法とは?

4・本当に効果はあるのでしょうか?

5・費用はどれぐらいかかるのでしょうか?

6・1日どれぐらい実践すればいいのでしょうか?

7・デメリットは何でしょうか?

8・他の人間関係を改善する方法と比べると・・・

9・人間関係が悪いままだと・・・

10・ヒロシからあなたへのメッセージとは?



0-2.gif

􀞣人間関係を良くする秘訣とは?􀞤􀀂 􀟩􂸥􀩐􀧻􂷩


人間関係を良くする秘訣とは?

あなたの上司はどんな人ですか?

同僚の人とはうまく行っていますか?

部下となる人たちとはどうでしょう?


会社の人間関係って、大切ですよね。


そのことが理由で転職する人がとても多いそうです。


あなたは大丈夫ですか?


毎日顔を合わせる人と相性が合わない・・・
あるいは精神的なダメージを受けている・・・


といったような状況は、本当につらいものです。


だって、毎日のことですからね。


社会人になる前は、
自分の好きな人たちとだけ付き合っていれば良かったのに・・・


でも、会社ではそうはいかない。


自分がどうしても好きになれないタイプの人たちとも
毎日うまくやっていかなくてはいけないわけです。


「もうイヤ!」


と叫びたくなるときもあるでしょう。


仕事にも支障をきたしますよね。


でも、ここであなたに伝えたいことがあります。


とっても大切なことです。


それは・・・


あなた自身のためにあなたが変わる】ということです。


「でも、わたし、あの人にだけは爽やかに挨拶なんてできない」
「挨拶しても、無視する人に挨拶なんてしたくない」

というあなた。


まあ、たしかにそうかもしれません。


イヤな人とコミュニケーションを取りたくないという
あなたの気持ちもよくわかります。


あるいは、相手があなたとのコミュニケーションを
一切、遮断しているという状況もあるかもしれません。


でも、ちょっと考えてみてください。


挨拶って、小さな子供の頃に教わることです。


最低限の社会での基本です。


逆にこれを押さえておけば、
あなたは社会人として合格なわけです。


もしあなたが苦手とする人が、
ちゃんと挨拶もできないような相手なら、
その人は社会人失格ですよね?


相手に不快感を与えるような挨拶しかできない人ならなおさら、
あなたはそのような人と同じレベルでいたいと思いますか?


きちんと挨拶をすることで、
あなたはそのような人より上のレベルに立てます。


そしてさらに、これはあなた自身のためでもあるのです。


極端な話、あなたが挨拶をした相手の反応に
注意を払う必要はありません。


つまり、爽やかな挨拶は、
あなた自身のためのケジメ
のようなものなのです。


もしあなたがイヤな相手と同じレベルで、
同じ負のエネルギーを出し続けている限り、
あなたの環境は変わらないでしょう。


でも、あなた自身があなたのために変わるのです。


毎日、うんと爽やかに挨拶をしてみてください。


あなたが発するポジティブなエネルギーは、
少なからず周囲の人たちに影響を与えるでしょう。


もし万が一、あなたがいつか「こんな会社やめてやるー!」という結論に達したとしても、 だれかの心には必ずあなたという人がポジティブなイメージで残ります。


「○○さんって、なんかいつも爽やかに挨拶してくれてたな〜」
とか、
「○○さんって、なにげにキチンと仕事してくれたよな〜」
とか、
「○○さんって、まるで扇風機のそよ風モード・・・」

という印象を残すことができれば、大成功です。


え?


「でも、どうしてもあの人だけは苦手!」


はい、わかりました。


そんなあなたのために、苦手意識の克服法についてお話しますね。


突然ですが、あなたは全世界の人を愛せますか?


うーん、彼氏や彼女なら愛せるけど、
会社の○○さんは絶対ムリ!


そうですよね。


全世界の人を愛することは、なかなか難しいです。


なんとなく好きになれないというレベルから、
もう生理的にダメというレベルまで、
あなたの毎日の生活の中には、
苦手な人たちのカテゴリーが、
自然とできてしまっているのではないでしょうか?


私は何度か転職をしました。


新しい会社に入社するたび、
いろいろな人たちとの出会いがありました。


そうして一緒に働く人たちの中には、好感のもてない人もいました。


でも、同じ会社の人なので、
コミュニケーションを取らないわけにはいきません・・・


というわけで、あなたがもし今、
だれか特定の人に対して苦手意識をもっているのであれば、
私もその気持ちはよーくわかります。


でも、いい方法があるんです。


苦手な人とうまくコミュニケーションをとる方法が。


「てゆーかー、私、あの人とだけは絶対にコミュニケーションとりたく
ないんですけど」という人もいるでしょう。


まあ、そこまででなくても、
下記のような状況にある人は多いのではないでしょうか?


1)○○さんに会う(話をする)と、不快な気分になる。
2)なるべく○○さんと会わない(話をしない)ようにしている。


つまり、あなたは○○さんという人がこの世の中に存在するために、「不快な気分」になり、そして○○さんと会ったり話をしたりすることがないように、 ○○さんから半径▲メートル(キロ?)離れたところで行動しなければいけないわけです。


たった一人の○○さんという人のお陰で、
あなたはせっかくの爽やかな日も爽やかに過ごせず、
そして行動半径まで制約されてしまう・・・


もし多少なりともこのような状況にあなたが今あるとしたら・・・


ちょっと考えてみてください。


あなたの苦手な人、あるいは嫌いな人のために、
あなたの気分や行動半径が制約されるなんて、
とってもつまらないと思いませんか?


「ああ、だからあの人さえいなければ・・・!」


でも、その人はこの世の中に存在しているのです。


それは事実で、どうすることもできません。


では、どうすればいいのか?


スイッチを切り替えるのです。


苦手意識をもってるから、
うまく行くものも行かないのです。


自分が好きでないタイプの人とコミュニケーションを取らなくてはいけ
ないときとか、 あるいは人だけに限らず、苦手な物事に対するときもそうです。


苦手意識はもたない」ということが大事です。


あなたの前に○○さんがいるとしても、頭の中から「苦手」という言葉を追い出して、 「無」の状態にしちゃうんです。


ついでに、にこやかに微笑んでみましょう。


「作り笑い」とか「営業スマイル」というのとは、ちょっと違います。


頭の中から苦手意識を取っぱらって、ゼロの状態にしてしまえば、
もう相手に対してなんのわだかまわりも感じませんから、
逆にブスッとした顔にはならないんですね。


「仏様じゃあるまいし、ムリ」


と思ったあなた。


まあ、そう言わずにまずはトレーニングしてみてください。


これはだれでも実行可能です。


このワザを身につければ、あなたは今より
ずっと精神的にも肉体的にも自由になれます。


もう誰と会っても不快な気分にならずにすみ、
そして行動も制約されることはありません。


○○さんが世の中から消えてくれることを願うよりも、
ずっと現実的な対処法です。


もう悶々と思いわずらう不快な日々とはサヨナラしましょう。


まずはあなた自身が変わるのです。


つまり、苦手意識はあなたの頭の中で作られているのです。


その製造者であるあなた自身が、
ふっと頭のスイッチを切り替えるのです。


「苦手意識をもたない」


たったこれだけのことなのです。


別に○○さんとあえて親しくコミュニケーションを
取る必要はありません。


あ、もちろん○○さんとお友達になりたい、というなら話は別ですよ。


でも、ちがいますよね?


ならば、あなたは○○さんと仕事に必要な
最低限のコミュニケーションを取ることができればいいんです。


そう、情報を伝達するという目的さえクリアできればOKです。


その目的がクリアになれば、
あとは○○さんの反応に一切期待しないこと。


○○さんが不機嫌な顔をしていても、
「なんか私の言い方が悪かったのかな?」


なんて思う必要はありません。


なぜなら、あなたはすでに○○さんに
情報を伝達するという目的を達成したからです。


相手に何も期待しなければ、
相手の態度によって自分の気持ちを振り回されずにすみます。


さて、そうしてセーブしたエネルギーは、
お仕事に活かすことができます。


エネルギーは活かすべきところで活かしましょうね。


会社が終わってからの時間に活かすのも、楽しいですよね!(笑)


【世界を広げてみる】


会社はとても狭い小さな世界です。


その世界で起きる出来事は、
ほんの些細なことでもとても気になったりしますよね。


その限られた空間でもし窒息しそうになっているなら、
ほんの少し世界を広げてみませんか?


新しいことを始めるのって、
ちょっとエネルギーが必要だったりしますよね。


でも、ちょっとしたことでいいと思うんです。


最初からそんなに欲張らなくても。


たとえば、最近ご無沙汰している友だちと会ってみるとか。
習い事や教室に通ってみるとか。
ジムに行ってみるとか。


なんでもいいと思うんです。


ちょっとだけ、今の自分の世界を広げてみる。


仕事に疲れていても、週に一度くらいなら
そういう時間を作れるはずです。


ちょっと動いてみるんです。


そうして自分の世界に新しい風を入れてみるんです。


窓を開けて、部屋の空気を変えるみたいに。


とにかく悶々と考えこんで、なにもしないのが一番良くないです。


行動できない理由を挙げつづけるのはやめましょう。


ちょっと動けば、
きっとあなたの周りにも新しい風を呼びこむことができますよ。


そうしてストレスはすっきりさっぱり自己解消して、
周りの人たちにハッピーを分け与えることができたらステキです。


読売新聞社社長、
正力松太郎氏が座右の銘にしている言葉があります。

道元禅師の教えです。

「 利行(りぎょう)は一法(いっぽう) なり
あまねく自他を利するなり」


相手に誠心誠意尽くせば 、いずれブーメランのように 、
自分にも返ってくるという意味です。


だから、ハッピーって、きっと自分にも返ってくるんだと思います。


共存共栄の考えがなければ必ず失敗します。


ビジネスの本質をついています。


相手を大切にする心、コミュニケーション・マインドは、
あらゆる場面で大切な考え方だと思います。


あ、別に見返りをもとめて行動するわけではないですよ。


でも、もしあなたがハッピーになりたいなら、
先に誰かをハッピーにしてあげましょうね。


それがハッピーの鉄則です(笑)


いかがでしたでしょうか?


少しはお役に立ちましたでしょうか?


もし、あなたも人間関係で悩んでいるようでしたら
コミュニケーション術の専門家さんをご紹介しましょうか?


リンクを貼っておくのでもし宜しければ参考程度に覗いて見て下さい。


コチラのサイトの方に教えてもらいました。 


ご質問がある場合はコチラからどうそ!


次回は、このコミュニケーション術の専門家さんに
私が教えてもらったことをもう少し詳しくご紹介しますね。


続きを読む>>>


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。