※ブラウザのJavaScriptをONにして、Flash Player9以上をインストールしてください。
Get Adobe Flash Player

3週間で人間関係を劇的に変える方法 by ヒロシさん

カンタンCM作成サイト コマーシャライザー


目次
1・人間関係や人付き合いが苦手な人の悩みとは?

2・人間関係を良くする秘訣とは?

3・3週間で人間関係を劇的に変える方法とは?

4・本当に効果はあるのでしょうか?

5・費用はどれぐらいかかるのでしょうか?

6・1日どれぐらい実践すればいいのでしょうか?

7・デメリットは何でしょうか?

8・他の人間関係を改善する方法と比べると・・・

9・人間関係が悪いままだと・・・

10・ヒロシからあなたへのメッセージとは?



0-2.gif

􀞣人間関係が悪いままだと・・・􀞤􀀂 􀟩􂸥􀩐􀧻􂷩


人間関係が悪いままだと・・・

今日は前回の予告どおり、
人間関係に関する恐ろしいお話です。がく〜(落胆した顔)


私もそうでしたが、どうも世間の皆さんは
人間関係について甘い考えを持っているみたいですね。


現在、悩みの中で一番多いのは、人間関係に関することだそうです。


人間関係の問題で多いのは、次のようなものです。


人と会話がうまくできない。
何を話していいかわからない。
会話が途切れる。
人と話が合わない。
会話が楽しめない。


これらのために、意識過剰になる、緊張してしまう、疲れる、
ストレスが溜まる。


人のすることに対してイヤな感情がわく、
腹が立つ、許せない、嫉妬する、嫌悪感を持つ。


人から被害を受けて苦しんでいる。


暴言・悪口・陰口・無視・仲間はずれ、いじめ・セクハラ。


そういう過去の経験をいつまでも忘れられずに苦しむ人もいます。


最近ではストーカー的な被害も注目されています。


いい人間関係がつくれない。
親しくなれない。
相談や深い話ができない。
信じられない。
ケンカをしてしまう。
冷たい関係。


このような人間関係で悩んでいる人もいます。


では、人間関係が及ぼす影響とは何でしょうか?


特に1日の大半を職場で過ごす人にとって、
人間関係の悪化は、かなり深刻です。


いくら能力や才能があっても人とうまくやれない人は、
いずれ浮いてしまいます。


そして、職場での自分の居場所が窮屈になり、
結果その仕事を辞めるはめになります。


仕事では人間関係が最も重要です。


社会人で成功するためには、まず人間関係を構築することです。


しかし、人間関係は人と人との感情が絡むので
一番難しい部分でもあります。


人間関係には、自分では選ぶことのできない運命があります。


会社や仕事は自分の自由な意志で選ぶことはできますが、
人間関係は選ぶことはできません。


配属された職場での上司・先輩・同僚は、
あなたの意志では選ぶことはできないのです。


そして、あなたに一番の影響力を及ぼす、
直属の上司は運命的な関係なのです。


運良くいい上司にめぐり合えば、あなたは成長するでしょう。


でも、運悪く自分と合わない上司に当たれば、
あなたは我慢と葛藤が強いられるでしょう。


こればかりはあなたの力ではどうしょうもないのです。


ウマが合わない人がいます。


どう努力しても相容れない仲です。


相性が悪いとでもいいましょうか。


どうしても合わない・・・


他の人には寛容でもこいつだけは、
絶対に許せないという人が現実にいます。


火と水、水と油の関係みたいなものです。


それが直属の上司だったら最悪です。


そういう上司に当たったらどうしますか?


自分に与えられた試練だと思って何年かずっと我慢しますか?


運が悪かったと思って転職しますか?


大きな会社だと転勤や移動も多いですが、
中小企業や零細企業では転勤や移動がほとんどありません。


その小さな会社で幅をきかしてる実力のある上司、
又は経営者は長くそこに居座り続けます。


その人達と人間関係が悪い場合は、サッサッと辞めますか?


人間は長く辛い状態が続くと耐えられない生き物です。

 
しかし、会社を辞めれば生活費は、当然心配の種になります。


それがあるからなかなか転職できないでいる人は大勢います。


あえて窓際族になる人もいるでしょう。


そして、家族のためイヤで仕方のない上司のもとで、常に相手の顔色を伺いながらビクビクと仕事についている人もいるでしょう。


それは、それで偉いと思います。


家族のためですから。


ただ、幸せかというと、また別の次元になります。


男の仕事に対する根本的な次元です。


男の仕事はやりがいが合って、
尚且つ楽しくなければ仕事とはいいません。


それが基本です。


そのことを忘れないでください。


人間関係は社会で生活する上でもっとも重要です。


成功者と呼ばれる人は皆、良い人間関係を持ってます。


アメリカではマスターマインド、日本では人脈と呼んでます。


成功した人はただの一人も人間関係なくして、
成功した人はいないということです。


人とうまくやっていけない。


特定の人だけではなく、周りの人、
みんなとうまくやっていけない人がいます。


そういう相談者も多くいるそうです。


IT世代の若者に多く見受けられるそうです。


親の育て方、おかれた環境、
その人個人が持ってる性格かも知れません。


あるいはパソコンなどIT関連の機器が、
そういう若者を作り出している現代の文明病かも知れません。


とにかく、人間関係が下手な若者が多いそうです。


それは根本的に教えて直さなければいけませんが、
なかなか直らないのも事実です。


本人が自覚するまでは直らないでしょう。


その若者にまず言えることは、
あなたが何処へ行ってもあなた自身はついてくるということです。


どの仕事についても人間関係がうまくいかない人は、
たとえ仕事が変わっても人間関係でまた失敗するのです。


何処へ行っても自身はついてくるのです。


その人自身が変わらなければ無理なんです。


最悪の場合、職場の人間関係から病気になることもあります。


職場の人間関係が原因で起こる心の病気としては、
うつ病が代表的です。


最近の風潮である成果主義、終身雇用の崩壊、リストラなどのせいか、職場の人間関係は一昔前と比べると大変です。


実際、最近、うつ病は増加傾向のようです。


うつ病の他にもパニック障害、体の症状(肩凝り、頭痛、喘息、胃潰瘍など)、統合失調症、PTSD、社会恐怖(対人・視線・赤面恐怖、出社拒否、ひきこもりetc)など、あらゆる心の病気が起こる可能性があります。


例えば、上司が気分屋で、気まぐれで、
部下に大量に仕事を与えるタイプとします。


すると、部下はいつ仕事を与えられるのか予測できなくなり、
いつも緊張状態に置かれてしまいます。


緊張状態が長時間続き、耐えられる限度を超えてしまうと、パニック発作(突然の動悸、胸痛、過呼吸など)が起きても不思議ではありません。


働きに来て病気になるなんて、職場はまさに戦場ですね。


幸せに暮らすためには、いい人間関係が大切だと思います。


以上、人間関係にまつわるちょっと怖い話をしてきましたが、
あなたはこのままで大丈夫ですか?


私でお役に立てることがあればお手伝いさせて頂きますよ。


お気軽にご質問ください。


ご質問はコチラからどうぞ!


真剣に人間関係の悩みから解放されたいと考えているなら
コチラ
を購入した方が手っ取り早いと思います。


価格以上の価値はありますので。


次回は、ヒロシからあなたへメッセージが御座います。


同じ悩みを持つ仲間として宜しければ御覧下さい。


続きを読む>>>

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。